「北海道地方非常通信協議会定期総会」記念講演会を開催しました

平成26年6月17日、札幌市内のホテルにおいて「北海道地方非常通信協議会定期総会」記念講演会を開催しました。
この記念講演会は、北海道テレコム懇談会が主催または共催する「情報通信月間参加行事」として6つめの催しです。
「災害に備えて 変動する北海道の気象」と題して国立大学法人北海道大学 大学院地球環境科学研究院 准教授 佐藤 友徳 先生からご講演をいただきました。
また、会場の後方では、関係企業のご協力により、防災関係通信機器の展示も行われ、多くの来場者が各コーナーで足を止め、機器について質問などをしていました。

<参考>
「北海道地方非常通信協議会」
北海道における非常時の通信の確保と円滑な運用を図ることを目的に、昭和32年8月に設立(当時の名称は「北海道地方非常無線通信協議会」、平成7年4月に現在の名称に改正)され、道内の官庁、地方自治体、企業、団体など318機関により構成されています。

【会場の模様】

スライド3

↓北海道大学 大学院 佐藤 友徳 先生
スライド1

 

 

 

 

 

機器展示
スライド2