「オープンデータ・医療連携等のICT利活用最前線!ツアー」を開催しました

北海道テレコム懇談会では、平成26年10月3日(金)、室蘭市役所において「オープンデータ・医療連携等のICT利活用最前線!ツアー」を開催しました。

byouin
西いぶり医療情報連携について
市立室蘭総合病院 地域連携室長 新井 一 様

 

 

 

【参加者の声】(一部)
・ICTによる遠隔医療へのアプローチについて道内での適用領域の多様さ重要さを改めて感じる講演でした。
・ユニオン拡大、病院から介護施設、または家庭に至るまで広く連携対象を広げるため、仕様(プロトコル、インターフェース)の統一が重要だと感じました。

open
オープンデータ最前線~ここまできた!公的データ活用~
株式会社国際社会経済研究所 主幹研究員 東 富彦 様

 

 

【参加者の声】(一部)
・オープンデータに関するセミナーで一番参考になりわかりやすいものでした。外国の事例紹介も説明が丁寧でわかりやすかったです。
・オープンデータをアグリゲートし付加価値を追加するビジネスの最新動向を把握出来、非常に有意義な講演に感謝いたします。

 

kankou
室蘭市のICT利活用施策
・観光資源の連携と地域の活性化
(室蘭観光協会 事務局長 仲嶋 憲一 様)

 

 

muroransi

・オープンデータ、GISの取り組み
(室蘭市 企画課(高度情報推進) 主幹 丸田
之人 様、主事 川口 陽海 様)

 

 

 

【参加者の声】(一部)
・柔軟かつ自由な発想で取り組まれている様子が良く判りました。「くじらん」応援します。
・やはりオープンする事で何かが始まると感じました。
・人が便利になる形が見えました。

yakei