第69回ICTサロンを開催しました

10月18日(火)、第69回ICTサロンを開催しました。
今回は、株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ
ジェネラルパートナー 最高執行責任者(COO)の今野 穣様をお招きし、
「世界へ羽ばたく企業経営・事業戦略の流儀とは」をテーマに
御講演いただきました。

20161018サロン今野氏

今野様から、皆様とともに充実した時間となるようにと御提案があり、今回は、当会の事務局長 株式会社道銀地域総合研究所 地域戦略研究部長 清水友康 との対談形式という初スタイル、 また、北海道モバイルコンテンツビジネス協議会勉強会様と初の共同開催、と初づくしのサロンになりました。

20161018サロン対談

まず、そもそも、
ベンチャー企業とは?
中小企業の違いとは??
銀行からの融資との違いは???
のところからベンチャーキャピタルの世界へと誘なわれていきましたが、清水事務局長の巧みな質問による対談が進むにつれ、会場の皆様からもどんどん質問が出されました。

 

今野様からは国内外の最新動向や広く深い知見にもとづいたお話、
今後期待される北海道×ICTの注目分野についてもお話いただきました。
また、これからは “おじさんベンチャーの時代”とのこと。
確かに、人脈、経験が豊富な世代によるベンチャー企業のビジネス展開は興味深いですね。
20161018サロン全景

【参加のみなさまからの声】(一部ご紹介)

    • 自社の戦略を考える上で大変参考になりました。ありがとうございました。
    • 本日はありがとうございました。今野さんの投資にあたって会社、人を見る目や事例をあげて、お話しをいただき、とても興味深く聞くことができました。
    • インタラクティブな進行で楽しかったです。(失礼ですが)キャピタルの方から「ベンチャーは人がアセットだ」という発言を聞き、感動しました。
    • 自分の強みで勝負しないと駄目なんですね。北海道の強みは、やはり、農・水産ですね。はじめにやったもの勝ち。
    • 日頃馴染みのないVCの刺激的で貴重なお話をありがとうございます。明るい話が聴けるのはうれしいものです。
    • ベンチャースピリッツとは、人の気合いということを再認識しました。大変ありがとうございます。
    • ベンチャーキャピタルは、お金中心かと思っていましたが、心ある方もいると知りました。
    • 「ビジネスは、何の問題を解決していくのか、その痛みの深さがサービスの粘着性となる」は重みのある言葉でした。
    • 大変聞きやすい場でよかったです。この様な進行での話はよかったです。
    • すべてが新鮮で大変有意義でした。ありがとうございます!

最後は、 恒例のフォトセッション!
20161018サロン集合写真
次回は、12月6日(火)です。