2020.2.5 地域情報化広域セミナー「デジタルネイティブが拓く北海道の未来」開催

デジタルネイティブの発想で地域を元気にしよう20200205DNhakodate

   平成に生まれて育った若い世代は、インターネット、スマホ、SNSなどのICTツールを使いこなす「デジタルネイティブ」と呼ばれています。北海道には、デジタルネイティブがその感性に基づき、地域の魅力を発信し地域を元気にしようとする動きがあります。本セミナーでは、デジタルネイティブ的発想を共有し、地域課題の解決にどう生かすかを考えます。

1 日時

  令和2年2月5日(水曜日)14時から17時(開場13時30分)

2 場所

  函館アリーナ 多目的会議室B (北海道函館市湯川町1-32-2)

3 プログラムの概要

  第1部 北海道内で情報発信するデジタルネイティブの活動報告
第2部 パネルディスカッション「デジタルネイティブ的発想でまちを元気に」
詳細は(北海道総合通信局ホームページ)をご覧ください

5 主催

  主催:総務省北海道総合通信局、北海道テレコム懇談会、
一般財団法人全国地域情報化推進協会(APPLIC)

6 申込方法

  参加をご希望の方は、以下のAPPLICホームページからお申し込みください。
https://www.applic.or.jp/seminar_digital-native_hakodate/
カテゴリー: news

第35期通常総会

会員の皆様にご案内のとおり、来週4月23日(火) 16:00から通常総会を開催します。

日時 2019年4月23日(火) 16:00~ (15:30開場)
場所 ホテルモントレエーデルホフ札幌 12F ルセルナホール
(札幌市中央区北2条西1丁目1-1)

16:45からは
「Society5.0時代の地方」と題しまして、
総務省 情報流通行政局 地域通信振興課長 吉田 正彦 様から
ご講演をいただきます。

 

カテゴリー: news

「北海道IoT実装推進フォーラム@森町」を開催します

★【周知用パンフレット】20180201「IoT実装フォーラム@森町」

 

 

 

 

 

 

 

★20180201「IoT実装フォーラム@森町」
◆日時 平成30年2月1日(木) 13:30~17:15(開場13:00~
◆場所 森町公民館 (森町字御幸町132)
◆主催 北海道総合通信局、森町、北海道テレコム懇談会
◆協力 厚沢部町
◆後援 北海道
◆定員 50名・参加無料

◆プログラム
開会 主催者代表挨拶 北海道総合通信局 局長 藤本 昌彦

【第1部】まちの いま と これから を語る (取組状況・施策説明)
●キーノート
「自分達のまちを、データからデザインしていくには? 」
一般社団法人コード・フォー・ジャパン 代表理事 関 治之 氏
(総務省地域情報化アドバイザー)

●説明1 「人と生活と距離と時間と」
森町 総務課情報管理係長 山形 巧哉

●説明2 「IoT実装、事始め」
厚沢部町 地方創生アドバイザー 蒔田 純 氏

●施策説明  北海道総合通信局 「地域IoT実装に向けた取組について」

【第2部】ICT/IoT先進事例紹介
●事例1 「アグリガールからIoTデザインガールへ
~地域が主役の地方創生IoTプロジェクト~」
株式会社NTTドコモ
法人ビジネス本部 第一法人営業部 主査 有本 香織 氏

●事例2 「映像がそのまま地図になる! ~高精度3Dマップデータベース」
アクアコスモス株式会社 代表取締役 岩根 弥生 氏

●事例3「発想転換! ロボットと高齢者の親和性
~超高齢化のまちでのチャレンジングなIoT活用~」
株式会社たからのやま 代表取締役 奥田 浩美 氏
(総務省地域情報化アドバイザー)

【第3部】 パネルディスカッション
『IoT実装後の社会は? 三歩先にひろがっている未来の形』

コーディネーター:地域情報化アドバイザー 奥田 浩美 氏
パネリスト :北海道大学大学院 情報科学研究科 特任教授 山本 強 氏
ほか、第1部・第2部発表者

17:15 閉会挨拶 森町 町長 梶谷 惠造

展示(資料展示等)
・NECネッツエスアイ㈱ :ソリューションガイド
・ESRIジャパン㈱ :ArcGIS事例集の最新版
・㈱エルムデータ : 簡易水位設置水位計システム(H29.12北海道認定)資料
・パナソニックシステムソリューションズジャパン㈱、
:SNS連携(緊急情報配信サービス)資料等
・新陽パソコン倶楽部:ワードマジック作品集、デジタルシニアの小冊子

自動車、家電、ロボットなど、あらゆるものがインターネットにつながる IoTの時代が到来しています。農林水産業、教育、医療・介護、働き方等、様々な分野でIoTを活用するとにより、地域が抱える課題の解決や地域活性化の手法を低コストで大きく変革する可能性を秘めており、地域においてもその取組が進みつつあります。
ICT/IoTによる地域づくりを推進するためのフォーラムです。。

是非、ご参加ください!

カテゴリー: news

第74回ICTサロンのご案内

第74回ICTサロンのご案内です。

今回は、2009年から役場の全営業日・毎日更新されている
八雲町の情報政策室ブログ担当の方をお招きします。

一般行政職員にもかかわらず、「にわかSE」として
奮闘する「同業者」との交流や本物のSEさんの降臨!も
あるという知る人ぞ知るブログ。
炎上も乗り越えてきたキセキの8年間を、
執筆者ちゅんさんからお聴きします。

広報広聴の深化と情報化推進に効くサロン。
どうぞ、お楽しみに!

★八雲町 情報政策室ブログ
http://www.town.yakumo.lg.jp/modules/information_blog/

291205-74回 ICTサロンパンフ

【日時・会場】
12月5日(火)15時30分~17時15分
EST・EST・EST (エスト・エスト・エスト)
札幌市北区北9条西2丁目4-1 (ホワイトキューブ札幌1F)

【演題・講師】
「にわかSEは大忙し!
~since2009.12.18
全営業日毎日更新ブログ 8年の軌跡~」

 

中村 達哉(なかむら たつや)氏
八雲町 情報政策室 情報政策係長

カテゴリー: news

「北海道IoT実装推進フォーラム@中川町」を開催します

追加版パンフレット 2017「IoT実装フォーラム@中川町」

来週、開催します!

 

 

 

 

 

 

◆日時  平成29年11月14日(火) 13:30~17:15(開場13:00~
◆場所  中川町生涯学習センター「ちゃいむ」(中川町字中川217番地-2)
◆主催  北海道総合通信局、中川町、北海道テレコム懇談会
◆協力 遠別町、天塩町
◆後援 北海道
◆定員 50名・参加無料

◆プログラム
開会 主催者代表挨拶 北海道総合通信局長
【第1部】まちの いま と これから を語る (取組状況・施策説明)

・中川町 「森林ICTクラウドをいかした森づくり」
産業振興課 産業振興室 主任 高橋 直樹

・遠別町 「教育ICT~光のまち『えんべつ』」
総務課 企画振興係長 佐藤 克久氏

・天塩町 「シェアリングエコノミーで地方をハッピーに!」
総務課 地方創生係長 竹之内 美喜雄氏

・北海道総合通信局 「地域IoT実装に向けた取組について」

【第2部】ICT/IoTソリューション紹介
・ESRIジャパン株式会社
「マップをシェア!  ArcGISプラットホーム」
GISデータは町の重要な資源~道内の町での活用例~

・株式会社NTTドコモ
「いつか、あたりまえになることを。」
人口統計分析      ~観光客はどこにいる?~
牛の分娩・発情検知   ~分娩事故ゼロへ~
医療・介護訪問の効率化 ~レセプト申請を効率的に~

・KDDI株式会社
「IoTでまちを元気に/安全に」
一次産業に役立つIoT ~野菜・マンゴー・鯖養殖~
防災減災に役立つIoT ~除雪車管理と水位監視~

・東日本電信電話株式会社
「教育ネットワーク分離」
~教育の情報資産をいかにして守るのか~

・住友林業株式会社
「森林ICTプラットフォームの目指すもの」
~森林・林業分野でのICT活用による地方創生

【第3部】 パネルディスカッション 「ICT/IoT で、小さなまちが潤うには?」
コーディネータ:地域情報化アドバイザー 鈴木 邦治 氏
一般社団法人頑張る地域支援し隊 代表理事
内閣府地域活性化伝道師 宜野座村むらづくりアドバイザー
パネリスト:中川町、遠別町、天塩町、事例発表者

閉会挨拶 中川町長

【パネル・資料展示】 (会場内)
ESRIジャパン株式会社
株式会社NTTドコモ
KDDI株式会社
東日本電信電話株式会社
住友林業株式会社
NECネッツエスアイ株式会社
パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社
ASロカス株式会社
_ _ _
自動車、家電、ロボットなど、あらゆるものがインターネットにつながる IoTの時代が到来しています。農林水産業、教育、医療・介護、働き方等、様々な分野でIoTを活用するとにより、地域が抱える課題の解決や地域活性化の手法を低コストで大きく変革する可能性を秘めており、地域においてもその取組が進みつつあります。
北海道においても、ICT/IoTによる地域づくりを推進するためのフォーラムを開催します。

是非、ご参加ください!

カテゴリー: news

第73回ICTサロンのご案内

 

第73回ICTサロンのご案内です。

今回は、情報通信白書の編集担当部署から講師をお招きします。

平成29年版の情報通信白書(公表:7月28日)の
特集テーマは、「データ主導経済と社会変革」。

データ主導経済(data-driven economy)の下での、
多種多様なデータの生成・収集・流通・分析・活用による、
あらゆる社会経済活動の再設計・社会の抱える課題の解決等について
展望している今年の白書。

「企業のデータ利活用意欲は78%、一方不安を感じる個人は86%」
から時代を読み解きます。

どうぞ、お楽しみに!

[参考総務省ホームページ(PDF形式及びEPUB形式)]
●総務省 報道発表 平成29年「情報通信に関する現状報告」
(平成29年版情報通信白書)の公表
http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01tsushin02_02000113.html
●総務省HPにおける情報通信白書のページ
http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/index.html

【日時・会場】
9月26日(火)15時30分~17時15分
EST・EST・EST (エスト・エスト・エスト)
札幌市北区北9条西2丁目4-1 (ホワイトキューブ札幌1F)

【演題・講師】
「情報通信白書を読むコツ
平成29年版は、ここがポイント!」

 

総務省 情報流通行政局
情報通信政策課 情報通信経済室 課長補佐
納富 史仁(のうとみ ふみひと)氏

カテゴリー: news

「北海道IoT実装推進フォーラム@室蘭」を開催します

20170904「IoT実装フォーラム@室蘭」20170904「IoT実装フォーラム@室蘭」

自動車、家電、ロボットなど、あらゆるものがインターネットにつながる IoTの時代が到来しています。産業分野のみならず、教育、医療・介護、
働き方、農林水産業などの様々な分野でIoTを活用することにより、 地域が抱える課題の解決や地域活性化の手法を低コストで大きく変革する
可能性を秘めており、地域においてもその取組が進みつつあります。

北海道においても、ICT/IoTによる地域づくりを推進するための フォーラムを開催します。

第1回目は、室蘭市です!

 

◆日時 平成29年9月4日(月)14:00~17:00(開場13:00~
◆場所 室蘭市中小企業センター 3F大会議室 (室蘭市東町4-29-1)
◆プログラム

開会 主催者代表挨拶 北海道総合通信局長
【第1部】講演
●基調講演「ICTの技術革新が起こす第四の波に乗れ
– 地方からのSociety 5.0化戦略」
講師 北海道大学大学院 情報科学研究科 特任教授   山本 強 氏
●講演 「データを活用した街づくり戦略」
講師 室蘭市 企画財政部ICT推進課長 丸田 之人

【第2部】ICT/IoT活用事例紹介
●事例紹介
ESRIジャパン株式会社、NECネッツエスアイ株式会社、
株式会社NTTドコモ、株式会社エルムデータ、
パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社、
富士通株式会社
●施策説明 北海道総合通信局

【第3部】 パネルディスカッション
「IoT×ビッグデータ× AI×人で加速する社会変革に 対応するためには?」
コーディネータ:山本 強 氏
パネリスト  :室蘭市、事例発表者

17:00 閉会挨拶 室蘭市長
名刺交換会 (~17:40終了)

【特別展示】室蘭市の公用車「燃料電池車」(会場駐車場)
展示車:ホンダ クラリティ
水素を燃料として走る排気ガスゼロの燃料電池車。
災害時には、自動車を発電機の代わりにして
一般家庭の約7日分の電気供給が可能。
「室蘭グリーンエネルギータウン構想」の推進のため、
室蘭市役所の公用車として使用。

【機器展示等】(会場内)
ESRIジャパン株式会社、NECネッツエスアイ株式会社、
株式会社NTTドコモ、株式会社エルムデータ、
パナソニックシステムソリューションズジャパン株式会社、
富士通株式会社

参加のお申込みを、お待ちしております!

カテゴリー: news