総会記念講演会を開催しました ~宇宙は謎だが、役に立つ!

(前の記事から続く)

第33期通常総会・表彰式の後、記念講演会を開催しました。
国立研究開発法人 宇宙航空研究開発機構 (JAXA)
新事業促進部長 松浦 直人 様をお招きし、
「宇宙ビジネス!」~地上の課題解決に宇宙を使うには?~
と題して、お話しいただきました。

P1110054記念講演会 松浦氏33

皆様からのご感想を一部、ご紹介します。

  • 宇宙分野のビジネスは、思っているより様々な分野で進んでいると感じました。 ただ、まだ自分のビジネスからは遠い気がします。
  • JAXAと民間企業の協業のしきりが低くなったように感じます。
  • 太陽光。技術にしても、ビジネスにしても、そもそも宇宙を話しきれていないと感じました。可能性が大きい。
  • 宇宙ビジネスが進んでいることがわかりました。
  • 北海道の企業もこのような話を聞きたいと思います。
  • 新しい世界なので、楽しかった。宇宙技術で、超音波は利用できないものでしょうか。
  • 宇宙ビジネスの現状が非常によくわかり有意義な講演でした。これからの新しいビジネスへのヒントも多くありました。
  • 夢のある話しでした。月面基地、太陽と水が大事なのがよくわかりました。
  • JAXAの事業内容について良く理解できました。開発の予算については、もっと多くできると良いですね。
  • 様々な研究がなされていると解った。宇宙からのデータをいかし、利用することができるかを色々と知りたい。
  • 縫い目のないニット服 汗をかいても匂わないシャツ。そうした文字に心くすぐられ参加した講演会。目的分解、機能分解、手段分解・・・分解の時が満ち、JAXAという名の一粒の麦が宇宙に根付いたことを確信!!! JAXA 凄い
  • 3Dプリンタで、”地産地消”しながら月に建設。ロマンを感じつつ、限られたマンパワーでの建設や安全確保の観点は、労働人口が減少する日本の課題解決にもつながるのではないかと思いました。

P1110046記念講演会の様子33
終了後の情報交換会では、松浦様と宇宙の続き話をしたり、山本新会長、小柴前会長をはじめ、会員さん相互が名刺交換をするなど、異業種交流の和気藹藹とした会となりました。

 

 

IoT時代になっても、モノだけがつながるのではなく、人と人とがつながる場、人と人をつなげる場を持ち、北海道の特性を生かした個性豊かな地域社会づくりに貢献する当会の第33期、始動です!

タイトルとURLをコピーしました